テレビのある部屋

輸入住宅の種類に関して

赤い部屋

①1番多い輸入国はアメリカです。輸入住宅に使用されている、資材・部材・パッケージなどは、、世界の様々な国から輸入されています。その中でも特に多いのがアメリカ合衆国であり、約40%以上を占めております。2番目にはカナダやスウェーデンなどが、凡そ15%により続きます。これら以外では、フィンランド・デンマーク・ニュージーランド・オートストラリアから、輸入されている材料が存在します。
②北米スタイルや北欧スタイルについて。輸入住宅とは、1年間に大体1万戸前後建てられています。輸入住宅自体は、各部材を輸入している国により、工法・装飾・外装の模様などが若干異なって来ます。輸入している国などは、アメリカやカナダの北米エリアなどが、非常に多い特徴があります。続いてデンマークやスウェーデンを中心とした、北欧諸国などが多いので、輸入住宅とは主に北米スタイルと、北欧スタイルにはっきりと分類されます。
③北米スタイル2×4(=ツーバイフォー)工法。北米スタイルの輸入住宅は、大半がツーバイフォー工法により、きちんと建築されています。2×4工法とは、規格材となる凡そ2cm×4cmの部材や、合板を上手く活用しながら、パネルを作製して行き、合計6個の箱のようにして、丁寧に組み立てて行きます。

オススメ記事

輸入住宅の種類に関して

赤い部屋

①1番多い輸入国はアメリカです。輸入住宅に使用されている、資材・部材・パッケージなどは、、世界の様々な国から輸入されています。その中でも特に多…

もっと読む

輸入住宅に関する色んな知識について

モダンな部屋

①輸入住宅らしいアイテム:階段編、吹き抜け状態になった玄関ホールや、サーキュラー階段と一緒に拝見する事が多い、素敵なシャンデリアが取り付けられ…

もっと読む