テレビのある部屋

南仏風の輸入住宅への憧れ

きれいな部屋

今流行りの輸入住宅ですが、私は特に南仏風の輸入住宅に憧れを持ち、現在購入を検討中です。南仏風の輸入住宅の、特に以下のような点に憧れを持っています。
①味のある外観:南仏風の輸入住宅と言えば、赤やオレンジの屋根とシックなレンガ造り外壁が浮かびます。その味のある外観は、きっと時が経つにつれてよりよい風合いになると思っています。
②白を基調にした内観:内観については、人それぞれでしょうが、私が思う南仏風の輸入住宅は、白を基調にした内観を特徴とします。特にテーブルや椅子などは、白あるいは木目調の柔らかい色合いのものが似合うと思います。
③他にはない価値:身近にある多くの住宅とは一線を画すのも、南仏風を始めとする、輸入住宅の特徴のひとつだと思います。私の場合も、他にはない価値を、住宅に求めていたので、南仏風の輸入住宅はその点もピッタリでした。
以上が、私の南仏風の輸入住宅への憧れの理由になります。もちろん、これから予算を考えたり、世帯のライフプランを考えたりしながら南仏風の輸入住宅の購入に向けて進んでいくわけですが、この憧れを現実のものにするために、私なりに必要な情報を集めたり努力をしていきたいと考えているところです。

オススメ記事

輸入住宅の種類に関して

赤い部屋

①1番多い輸入国はアメリカです。輸入住宅に使用されている、資材・部材・パッケージなどは、、世界の様々な国から輸入されています。その中でも特に多…

もっと読む

輸入住宅に関する色んな知識について

モダンな部屋

①輸入住宅らしいアイテム:階段編、吹き抜け状態になった玄関ホールや、サーキュラー階段と一緒に拝見する事が多い、素敵なシャンデリアが取り付けられ…

もっと読む